土地の固定資産税は、建物が居住用か否かで大きく変わります。

事務所土地の固定資産税は高く、居住用土地の固定資産税は低いです。事務所と居住宅の併用住宅の場合は、居住割合に応じて固定資産税が決定されます。今回は、その割合に誤りがあった例です。

2020年 長崎県長崎市 2,100万円の還付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です