農地に対する固定資産税

農地に対する固定資産税は、「一般農地」、「生産緑地地区農地」、「一般市街化区域農地」、「特定市街化区域農地」と区分され、それぞれ評価及び課税方法が異なります。「 一般農地」及び「生産緑地地区農地」は宅地より税額は低いが、「一般市街化区域農地」及び「特定市街化区域農地」は宅地並みの課税が行われます。今回は、「一般農地」であるが、「一般市街化区域農地」として誤って高額に課税された例があります

2020年10月 埼玉県ふじみ野市 649万円の還付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です